十一月 9, 2022 SDC TechnologiesがCoburn Technologiesを買収

∼ トータルビジョンケアソリューションの事業拡大∼ SDC Technologies, Inc. (SDC)は、アイケア業界向けの高品質で精密な眼鏡レンズ加工システムおよび機器の製造、サービス、サポートにおいて定評のある革新的企業Coburn Technologies, Inc., を買収しました。Coburnは65年以上にわたり、高速自動化、機械知能、精密さ、持続可能なコーティング技術によってレンズ製造方法を刷新した製品とサービスを光学研究所とアイケア専門家に提供してきました。また、眼科医が眼科検診を行う際に使用する正確で信頼性の高い診断機の最新ラインアップも提供しています。 SDC の社長兼 CEO の Richard Chang は、「Coburn Technologies と提携し、プレミアムコーティング、自動コーティング装置、高度なレンズ加工技術の幅を広げることができることを嬉しく思います」と述べています。「両社のシナジーにより、画期的な技術を補完する最高の組み合わせが実現し、SDCのトータルビジョンケアソリューションに基づくビジネスの成長とグローバルな事業展開が強化されます」と述べています。「この事業統合により、SDCは眼鏡レンズ加工のすべての段階において、エンドツーエンドの単一ソリューションを提供するリーディングカンパニーとなることができます。この買収により、三井化学 の高指数モノマーからSDCの特殊コーティング、FSI Coating Technologies’の永久曇り止めコーティング、COTECの疎水性材料、Coburn Technologiesのレンズ加工装置、コーティング、コーティング装置までの製品群を組み合わせ、新しい発明的製品用途とステップアウト技術を創造します」と付け加えました。 Coburn Technologies社長のアレックス・インセラは、「今回の提携は、両社の製品ポートフォリオを拡大し、ハイエンドのレンズ表面加工・マーキング装置、仕上げシステム、診断装置、自動コーティング装置、耐摩耗性、防曇性、疎水性、フォトクロミックアプリケーションのためのプレミアムコーティングを含む完全なエンドツーエンドソリューションを提供できるようになる重要なものです」と語っています。「また、互いの技術を活用することで、眼科業界全体に利益をもたらす大きな機会があると考えています。Coburn Technologiesは、Agility Automated Deblocker、Duality Automated Detaper and Cleaner、Velocity 2D Automated Coaterなどの自動化製品で大規模レンズ生産施設での地位を確立しており、SDCプレミアムコーティングの追加により業界にさらなる価値をもたらすと確信しています」とインセラ氏は述べています。「Coburnチームは、技術、革新、顧客サービスという同じ文化を持つSDCとそのファミリーに参加できることをうれしく思っています。」と、Incera氏は締めくくりました。 SDC Technologies について 1986年に設立されたSDC Technologies, Inc.は、カリフォルニア州アーバインに本社を構えています。SDC は 2008 年に三井化学株式会社に買収されました。SDCは、航空宇宙や自動車部品からビジョンアイウェアまで、さまざまな用途で使用される高性能特殊コーティングの開発・製造におけるグローバルリーダーとして知られています。sdctech.comをご覧ください。 Coburn Technologies について 1954年に設立されたCoburn Technologiesは、コネチカット州サウスウィンザーに本社を構えています。Coburn Technologiesは、コンピュータ統合型の眼科レンズ加工システムおよび機器を提供する業界のリーディングカンパニーで、世界中の個人眼科診療所、眼鏡小売店、レンズ製造ラボにサービスを提供しています。Coburn社は、レンズブランクの表面処理、コーティング、患者のフレームにフィットするレンズの仕上げなど、あらゆる面で使用するソフトウェア、機器、消耗品の設計、製造、サービスを提供しています。coburntechnologies.comをご覧ください。

Read more...

四月 1, 2022 SDC 2022年4月1日時点の役員人事異動

SDC Technologies 代表取締役社長兼 CEO に Richard Chang が就任 Mitsui Chemicals Americas 執行役員 CEO 兼社長に Antonios Grigoriou が就任 SDC Technologies の CFO に James White が就任 SDC Technologies、Inc.(SDC)は、プレミアムで高性能な耐摩耗性コーティングソリューションの世界的リーダーとして認められており、本日、新たに任命されたエグゼクティブリーダーシップの移行を発表しました。SDC Technologies, Inc.の代表取締役社長兼 CEO に Richard Chang が就任しました。今後は、SDC Technologies のグローバルリーダーシップの継続と、クラス最高の高性能コーティングシステムの多様な産業市場基盤の拡大に注力する予定です。Richard は2010年に SDC Technologies に入社し、直近では SDC Technologies の最高執行責任者および財務責任者、SDC の完全子会社である FSI Coating Technologies のゼネラルマネージャーとして、グローバルビジネス戦略および運営全般の責任を担ってきました。Richard は、新しい市場への成長を推進し、高度な補完的技術の合併と買収 (M&A) をいくつも手がけ、ビジネスを大幅に拡大し、グローバルに事業を展開してきました。 SDC に入社する前、Richard は Valspar …

Read more...

十月 5, 2020 SDC Technologies が COTEC® GmbH の薄膜およびコーティング技術を取得

高品質で高性能の耐摩耗性コーティング材における世界的リーダーとして広く認められている SDC Technologies, Inc.(SDC) は、眼科、精密光学、自動車、ディスプレイ市場における疎水性、疎油性、反射防止コーティング材用の高品質PVD(物理蒸着)およびMLD(分子層堆積)材料の開発および製造で名声を確立したイノベーターである COTEC® GmbH を買収しました。 「SDC の CEO 兼社長、Antonios Grigoriou は、「COTEC との提携により、液状ハードコーティング材のラインナップが広がることを誇りに思います」と語りました。両社のシナジー効果は最適なものであり、眼科、車載用ディスプレイ、カメラレンズ、精密光学、航空宇宙などの分野で、より幅広いコーティング材製品を提供することができます。コーティング技術のこのユニークな戦略的統合により、弊社はトータルソリューションのレンズファブリケターとして眼科市場に対応すると同時に、新たな市場にも進出することができます。 「全体として弊社は、眼鏡レンズのコーティングスタックのすべての層にコーティング材料を提供することができます。親会社、三井化学の革新的な高品質の高屈折率光学レンズ材料 MR™ シリーズのブランド名(MR-8™、MR-7™、MR-10™、MR-174™) から、SDC の最上位クラスの耐摩耗性ハードコートである CrystalCoat®、またCOTEC の反射防止コーティング材料および指紋が付きにくく、汚れにくく、撥水撥油性があるDURALON®ブランド系列のナノコーティング材まで。最後に、これは COTEC コーティングの画期的な特許取得済みのコーティング技術、サポート、販売、流通のリーチを欧州を越え、アメリカやアジアにまで拡大するチャンスでもあります」と彼は付け加えました。 「COTEC は、薄膜コーティング技術の革新的な企業として有名です。最先端の開発と生産プロセスと相まって、真空コーティング、蒸着剤、ナノテクノロジーの分野における専門技術により、弊社はサプライヤー、また研究開発のパートナーとして世界的に認められています」と、COTEC の創業者兼 CEO である Michael Fliedner は、説明しました。「このノウハウを SDC の組織に取り入れることができて光栄に思います。SDC との提携により、ポリマー化学と薄膜コーティング技術における両社の専門技術が融合されます。これにより、両社の革新的な能力が強化され、SDC と COTEC はフルサービスプロバイダーとして、お客様にさらに革新的な製品を提供できるようになります。SDC による買収により、COTEC は SDC の世界的なネットワークが利用できることで、さらにグローバルな成長を期待できます。  SDC の既存の販売チャネルと適用設備により、COTEC はアジアとアメリカでのプレゼンスを強化することができます。」 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の, SDC Technologies, Inc. は、カリフォルニア州のアーバインを本拠地としています。2008年に三井化学株式会社が SDC を買収しました。SDC は、航空宇宙分野や自動車部品、メガネなど様々な分野で採用されている革新的な実績ベースの耐擦傷性コーティングにおける先駆者です。 COTEC® …

Read more...

三月 16, 2020 COVID-19 警戒期間中 SDC Technologies は営業

SDC Technologies は、COVID-19警戒期間中、世界中で通常の営業時間で営業しています。  営業状況や生産スケジュールについてのご質問は、 こちらまでお問い合わせください。 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の,  SDC Technologies, Inc.は、カリフォルニア州のアーバインを本拠地としています。2008年に三井化学株式会社が SDC を買収しました。SDC は、航空宇宙分野や自動車部品、メガネなど様々な分野で採用されている革新的な実績ベースの耐擦傷性コーティングにおける先駆者です。

Read more...

三月 28, 2019 B9Creations と SDC が最先端のアディティブマニュファクチャリング材料開発ラボを開設

3Dプリンティングソリューションのグローバルプロバイダーである B9Creations と、高品質光学コーティングのマーケットリーダー、SDC Technologies は、本日、B9Creations のラピッドシティ本社に、最新のアディティブマニュファクチャリング材料開発ラボを開設したことを発表しました。 ここをクリックして全文を読む B9CREATIONS について 専門家用 3Dプリントソリューションを提供するグローバルプロバイダーとして、B9Creationsは生産、スピード、価値において業界のリーダーとなっています。現在では、宝飾品、試作品、製造、研究、医療機器、モデル製作などの高精度な用途で、アディティブマニュファクチャリングのマーケットリーダーとなっています。B9Creations は、世界66カ国のお客様と認定ディーラーにサービスを提供しています。 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の, SDC Technologies, Inc.は、カリフォルニア州のアーバインを本拠地としています。2008年に三井化学株式会社が SDC を買収しました。SDC は、航空宇宙分野や自動車部品、メガネなど様々な分野で採用されている革新的な実績ベースの耐擦傷性コーティングにおける先駆者です。

Read more...

七月 27, 2017 SDC が、ClearChoice™ インタラクティブ製品選択ガイドを発売

インタラクティブ製品セレクタは、コーティングユーザーを最適なコーティングテクノロジへと案内します。 高品質の高性能耐摩耗性コーティングソリューションのグローバルリーダーとして知られる SDC Technologies, Inc.(SDC)は、その子会社FSI Coating Technologiesと連携して、ClearChoice コーティング材 と呼ばれる最新のインタラクティブな製品選択ツールを発売しました。このツールを使えば、製品エンジニアが、コーティングタイプ、基材、特徴、硬化方法、塗布方法、化学的性質などの製品特性や、業界や市場、塗布方法などの使用パラメーターを選択することで、あらゆるニーズに対応する最適なコーティングソリューションを簡単に検索することができます。このツールによれば、一度に最大3つの製品を比較することができ、後で参照できるようにPDFを作成することもできます。 このツールは、特殊化学業界に新たな切り札となるよう設計されているため、非常に特殊な産業市場でも、消費者が直面する選択の場で通常発生するような利便性を発揮できます。すべてデジタルによるアドバイスは人間が触れて認識でき、ユーザーは、より賢明な決定をより早く下すことができます。このツールには、関連する Web サイトのページや、技術データシート、製品ハイライトやパンフレットなど、ダウンロード可能な製品説明 PDF ファイルの参照文献も付属しています。 ツールの発売時、「ClearChoice コーティング製品セレクタは、コーティングカテゴリに分類される業界への対応では群を抜いている。世界でも認知度の高いブランド向けに、すでにコーティングソリューションを提供しており、当社のガイド付き選択ツールは、適切なコーティングを迅速に探し出す可能性を高めることになる。」と、SCD 最高業務責任者リチャード・チャンによるは言っています。 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の SDC Technologies, Inc.は、カリフォルニア州のアーバインを本拠地としています。2008年に三井化学株式会社が SDC を買収しました。SDC は、航空宇宙分野や自動車部品、メガネなど様々な分野で採用されている革新的な実績ベースの耐擦傷性コーティングにおける先駆者です。 FSIコーティング・テクノロジーズ社について FSI Coating Technologies (FSICT) は、1986年にカリフォルニア州のアーバインで創業されました。FSICT コーティングおよびフィルム製品を牽引する開発会社です。FSICTでは、優れた高性能防曇ソリューションを、医療用品、軍用品、安全用品、スポーツ用ア イウェアなどで幅広い製品を展開しており、産業用シートや商業用冷凍・冷蔵ショーケース向けの PET フィルムを提供しています。FSI Coating Technologies は、SDC Technologies, Inc. の完全子会社です。

Read more...

六月 13, 2017 SDC Technologies による LTI コーティング技術の統合

紫外線硬化型コーティング材のポートフォリオを拡大 高品質の高性能コーティングソリューションのグローバルリーダーとして広く知られる SDC Technologies, Inc.(SDC)は、本日、紫外線硬化型コーティング技術のリーダーである LTI Coating Technologies, LLC (LTI) の買収と合併が完了したことを発表しました。  これらの企業は協力して、幅広い市場でのプラスチック、ガラス、金属基材に適した 熱硬化型および 持続可能な紫外線硬化型コーティング材 向けに革新的で高品質の耐摩耗性、耐擦傷性、耐薬品性コーティング材を提供しています。  今回の統合により、経営を統合し、CrystalCoat® ブランドのコーティング製品を単一のコーポレートアイデンティティに統一します。 SDC の CEO 兼社長、Antonios Grigoriou は、「LTI との提携により、液状ハードコーティング材のポートフォリオが広がることを誇りに思います。」と語りました。  また、「弊社は、両社の統合と補完的な相乗効果は自然な流れであり、熱硬化型と紫外線硬化型コーティング材の両方のリーダーを1つの組織の下に統合するものです。  このパートナーシップにより、お客様には SDC のグローバルな技術サポートチームに支えられた幅広い耐摩耗性コーティング材のオプションのシングルソースソリューションが提供されることになります」と付言しました。 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の, SDC Technologies, Inc. は、カリフォルニア州のアーバインを本拠地としています。2008年に三井化学株式会社が SDC を買収しました。SDC は、航空宇宙分野や自動車部品、メガネなど様々な分野で採用されている革新的な実績ベースの耐擦傷性コーティングにおける先駆者です。 LTIコーティング・テクノロジーズについて< 光学市場からの要請であったプラスチックレンズ用のハードコーティングと染色コーティングを提供するため、LTIは1986年に設立されました。LTI はメガネレンズ用ハードコーティングにおける世界的なリーダーであり、メガネラボ市場で高いシェアを誇っております。また、メガネラボ協会からコーティング装置分野で AWARDS OF EXCELLENCE を4回受賞しています。

Read more...

六月 8, 2017 FormGard® 100 熱成形可能な耐摩耗性コーティング材の紹介

SDC Technologies, Inc.(SDC)は、ポリカーボネート基材へのプライマー不要の接着を目的とした熱成形可能な耐摩耗性コーティング材 FormGard 100 を発表しました。FormGard 100は、光学的透明度の高い熱硬化性コーティング材で、硬化後に冷間成形またはドレープ成形することで、自動車、輸送、建築と建設、安全など様々な市場で透明度の高い3次元部品を製造することができます。 SDC Technologies の技術担当副社長である Sapna Blackburn 博士は、「FormGard 100は、ポリカーボネートシートの光学的透明度、熱成形性、耐候性、耐摩耗性においてクラス最高の組み合わせを提供します」と語り、「これらの特性により、FormGardは、オートバイ、自動車、公共交通機関のフロントガラス/グレージング、ヘッドランプ、計器類の製造や、建築物の筐体の製造に最適な選択肢となります」とも付言しました。 FormGard 100 光学的透明度が高く、REACH規則に適合した FormGard 100 は、半径2インチの熱成形が可能な次世代の高度で高性能の成形が可能なコーティング材です。  FormGard コーティング材 SDC の ISO 9001:2015認証を取得した最先端の製造施設で製造されており、安定した品質を確保しています。 機能: ポリカーボネートへのプライマー不要の接着性 高品質の耐擦傷性を実現 フローコート塗布向けの設計 塗布: 建築および工事 円天井、屋根、天窓、および照明 保護用のバスシェルター、および屋外サイネージ(標識) 自動車 ヘッドランプ、ライト、および 窓 フロントガラス、キャノピー(円蓋)、サンルーフ 機器群、計器、ヘッドアップディスプレイ・パネル 航空および航空宇宙機器 キャノピー、キャビンウィンドウ、照明 コックピット計器とナビゲーションシステム 電気製品 防犯カメラ 保護眼鏡 セーフティバイザー、フェイスマスク、シールド、ゴーグル 以下をクリックすると、次の製品情報がダウンロードできます: FormGard® 製品ハイライト 가용성 FormGard は SDC Technologies が販売しています。詳細は、メールでcustomercare@sdctech.comまで、または電話で +1-714-939-8300までご連絡ください。 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の,  …

Read more...

구월 9, 2015 CrystalSpin® 紫外線硬化型スピンコーターおよび CrystalCoat® CST-1 耐擦傷性コーティング材

耐摩耗性ハードコーティングシステムと装置で光学業界をリードする会社、LTI Coating Technologies, LLC(以下LTI)は、最新の CrystalCoat® CST-1 コーティング材を9月15日~17日にネバダ州ラスベガスで開催されるVision Expo Westに出展します。三井化学のブース(番号 LP12115)では、製品のデモンストレーションを行います。旧称 Lens Technology I の LLCは、高品質の高性能耐摩耗性コーティングソリューションで広く知られる SDC Technologies, Inc.の過半数を所有する子会社です。SDC は、三井化学株式会社の完全子会社です。 CrystalCoat CST-1 CrystalCoat CST-1 は、LTI の最新の紫外線硬化型スピンコーター、CrystalSpin用に設計された、次世代の高性能無溶剤(固形分100%)コーティング材です。このコーティング材と装置は、LTI と SDC の科学チームの相乗効果を利用して開発されました。LTI と SDC は、光学業界のためにコーティング技術を継続的に発展させるイノベーターとして知られています。CST-1コーティングは、SDC の ISO 9001:2015認証を取得した最先端の製造施設で製造されており、安定した品質を確保しています。 CrystalCoat CST-1 性能: 高屈折率材料を含むすべての基材に接着できる染色可能なハードコーティング材。 反射防止 (A/R) コーティング材との優れた適合性。 バイエルテストでの高い摩耗率を実現し、高品質の耐擦傷性を発揮します。 LTI の新製品である紫外線硬化型スピンコーター、CrystalSpin で実行するように設計されています CrystalCoat UV CST-1 製品ハイライト CrystalSpin® 紫外線硬化型コーター CrystalSpin は、耐擦傷性コーティング材を塗布するために設計された、コンパクトな半自動ハードコーティング装置です。CrystalSpin コーティング機器をダウンロードするにはここをクリックしてください。 . CrystalSpin に関するビデオ …

Read more...

八月 31, 2014 SDC Technologies が Lens Technology I, LLCの過半数の株式を取得

~先進技術展開によるUV硬化型ハードコート製品群の強化~ SDC Technologies, Inc.(SDC) は、2014年7月31日に Lens Technology I, LLC (LTI) の過半数の会員権を取得しました。LTI は、カリフォルニア州ラ・ミラダに拠点を置き、高性能な独自開発の紫外線硬化型および熱硬化型耐擦傷性コーティング材の開発と製造におけるリーダーとして知られています。 SDC Technnologies 社長兼 CEO の Antonios Grigoriou は次ぎのようにコメントしています:「 LTI チームの SDC グループへの参加によって、メガネレンズ用コーティング市場にて、当社の成長拡大が更に加速されることに大きな期待を寄せています。両社のリソースを融合することで、最先端の技術、幅広い製品ポートフォリオ、優れたサービスと技術サポートをグローバル顧客へ提供できるようになります。LTI 社長のJohn Quinnが引き続き同社のオペレーションを管理し、 UV 硬化コーティング製品の販売とマーケティングを統括します」。 LTI 社長のJohn Quinnは次のようにコメントしています:「SDC のような市場から高い評価を頂いている企業のパートナーとなることができて大変光栄に思っています。LTI と SDC のビジネスオペレーションの融合により、世界中の顧客および流通業者との関係をさらに強化させることができます」。 SDC Technologies は、LTI の最先端の UV 硬化技術と、メガネラボ・流通業業者・装置製造業者とのパートナーシップを通じ、特殊コーティング事業においてさらなる拡大を図ります。 SDCテクノロジーズ社について 1986年設立の, SDC Technologies, Inc. は、カリフォルニア州のアーバインを本拠地としています。2008年に三井化学株式会社が SDC を買収しました。SDC は、航空宇宙分野や自動車部品、メガネなど様々な分野で採用されている革新的な実績ベースの耐擦傷性コーティングにおける先駆者です。 LTIコーティング・テクノロジーズについて 光学市場からの要請であったプラスチックレンズ用のハードコーティングと染色コーティングを提供するため、LTIは1986年に設立されました。LTI はメガネレンズ用ハードコーティングにおける世界的なリーダーであり、メガネラボ市場で高いシェアを誇っております。また、メガネラボ協会からコーティング装置分野で AWARDS OF EXCELLENCE を4回受賞しています。

Read more...