起業家による製品イノベーションの37年

弊社の進化
SDC Technologies, Inc.(SDC) は、1986 年に Swedlow Coatings Inc. と Dow Corning Enterprises, Inc.のジョイントベンチャーとして設立されました。同社の戦略は、さまざまな商業および航空宇宙用途の耐摩耗性コーティング技術の開発と販売でした。

1988年、SDC は日本の日本板硝子と提携し、アジア全域でのビジネスチャンスを推進しました。1990年には、製品の流通、マーケティング、技術リソースへの投資を行い、欧州市場に進出しました。SDC の技術開発への投資は、中核市場と新興の顧客用途を支援するために継続されました。今回の投資により、同社は広範な特許ポートフォリオを維持し、売上も大きく伸びています。

1996年までに SDC は、ポリカーボネートやアクリルなどのプラスチック、レンズのキャスティング用樹脂、ガラス、アルミニウムを含む非鉄金属など、さまざまな材料に使用できる幅広い耐摩耗性コーティング材製品を開発しました。2008年、SDC は本社の製造事業をカリフォルニア州のアナハイムからアーバインに移転し拡大しました。2013年、SDC は、アジア太平洋地域向けの製造能力、サプライチェーンマネジメント、販売、カスタマーケア、品質保証を強化するために、シンガポールオフィスを新設し、グローバル経営をさらに拡大しました。

戦略的買収
2008年、三井化学株式会社が SDC を買収しました。三井化学は、農業、自動車、建築と土木、エレクトロニクス、エネルギー、ヘルスケア、包装など、さまざまな業界向けに付加価値の高い特殊化学品、プラスチック、機能性材料を製造および供給する一流企業です。MCI は、30年以上にわたり、革新的な高品質の高屈折率光学レンズ材料の開発と製造に携わってきました。この材料は、MR™ シリーズのブランド名(MR-8™、MR-7™、MR-10™、MR-174™)で販売されています。

2010年、SDC は FSI Coating Technologies(旧 Film Specialties, Inc.)を買収しました。Film Specialties, Inc. も1986年に設立された会社で、防曇耐擦傷性ハードコーティング材、フィルム、シート製品を商業および工業市場向けに開発および販売しています。凝結制御材料科学の先駆者である FSICT は、自動車、商業用冷蔵、エレクトロニクス、医療、安全、セキュリティ、サングラス、スポーツアイウェアの各業界にソリューションを提供しています。

2011年、親会社である三井化学(MCI)は、優れた透明度と耐久性を実現するために使用される低屈折率光学モノマー RAV 7® で世界的に知られているAcomon AGを取得しました。MCI の MR シリーズ最上級高屈折率製品の包括的なポートフォリオ、Acomon の RAV 7® および低屈折率光学レンズ材料を SDC のイノベーティブなコーティング材と組み合わせることで、眼科医療の現場に総合的な製品ソリューションを提供することができます。

2013年、親会社 MCI は、中屈折率と高屈折率レンズ市場で競争力のある世界規模の販売を拡張するため、韓国の一流企業で、今は中国を拠点とするプラスチック光学レンズ用モノマーの製造および販売会社でもある、現在「ML Tech」として知られる KOC Solutions Co. Ltd. (KOC) を買収しました。世界的に認められている製品ラインナップには、中屈折率と高屈折率、およびフォトクロミック、耐衝撃レンズなどがあります。今回の買収は、中国の光学関連事業が集中している地域に製造と販売拠点を置くことで、成長する中国市場でのビジネスチャンス拡大も狙うことができます。

2014年、SDC は Lens Technology I, LLC (LTI) の株式の過半数を取得し、高性能耐摩耗性コーティングソリューションにおける高度な技術の世界的展開を強化しました。2015年には社名を LTI Coating Technologies, LLC に変更しました。  LTI は、眼科市場向けの高性能な独自開発の紫外線硬化型耐擦傷性コーティング材の開発と製造におけるリーダーとして広く認められています。LTI は1986年に設立され、プラスチックやポリカーボネートレンズ用のハードで着色可能なコーティング材を求める光学業界の要件に応えてきました。LTI は眼科用ハードコーティング材の世界的リーダーであり、クラス最高のコーティング機器として、光学研究所協会から優秀賞を授与されました。2017年、SDC は LTI との買収および合併を完了しました。  両社の統合と補完的な相乗効果は自然な流れであり、熱硬化型とサステナブルUV硬化型コーティング材の両方のリーダーを1つの組織の下に統合するものです。

2020年、SDC は、薄膜とコーティング材の技術会社 COTEC GmbHを買収しました。1997年にドイツで設立された COTEC® は、高品質 PVD 仕上げ材と CVD 薄膜用途のイノベーティブな開発者です。COTEC は、産業用および消費者市場の自動車、眼科医療、精密光学、フォトニックディスプレイ向けに、反射防止コーティング材、疎水性コーティング材、疎油性コーティング材も提供しています。COTEC のコーティング技術と SDC を統合し、眼鏡レンズのコーティングスタックの全層にコーティングを提供するトータルソリューション的なレンズファブリケーターとして、眼鏡市場に戦略的に取り組んでいます。SDC の最高クラスの耐摩耗性ハードコート材である CrystalCoat® をはじめ、COTEC の反射防止コーティング材や DURALON® ブランドのコーティング材や薄層フィルムシステムは、洗浄しやすい耐指紋性、防汚性、撥水撥油性を備えたコーティング材が揃っています。

In 2022 SDC acquired Coburn Technologies, Inc. to support its Total Vision Care Solution Business Expansion. Founded in 1954, Coburn Technologies is headquartered in South Windsor, Connecticut and is renowned for serving private eye care practices, optical retail outlets, and lens production labs worldwide.  Coburn is an established innovator in the production, service and support of award-winning, high quality, precision ophthalmic lens processing systems and instruments for the eye care industry.  They design, manufacture, and service, equipment, software, and supplies used in all aspects of surfacing prescriptions in lens blanks, as well as coating and finishing lenses to fit into patient frames. Coburn Technologies has reinvented lens production methods with high-speed automation, machine intelligence, precision, and sustainable coating technologies. They also offer state-of-the-art lines of in-office lens finishing equipment and accurate and reliable diagnostic machines and exam lanes that eye care professionals use to conduct eye examinations.

現在の評価
SDC は、過去36年以上にわたり、高品質かつ高性能な耐摩耗性コーティング技術のグローバルリーダーとして認知されており、サステナブルな技術プラットフォーム、世界一流の経営、および卓越した顧客関係で際立った存在となっています。

今後の目標
将来の戦略的なビジネス目標は、拡大し続けるグローバル環境のために、サービス提供先の産業の種類を増やしながら、最新の革新的なコーティング技術を継続的に開発することです。弊社は、献身的な技術サポートと専門的な科学チームを活用して、今後何十年にもわたってさまざまな業界の製品の性能を向上させるよう努めます。